空手道新武会 活動記録 (平成30年)

 平成30年

◎ 2018 全日本青少年空手道選手権大会・全日本空手道型競技選手権大会に出場

        4月28日(土)、29日(日)、埼玉県戸田市スポーツセンターで開催されました、「2018 全日本青少年空手道選手権大会」「2018 全日本空手道型競技選

  手権大会」(極真空手道連盟 極真館 主催)に、新武会から10名が出場、3名が入賞しました。結果は次のとおりです。(赤字 入賞者)

     ◯ 2018 全日本青少年空手道選手権大会

     鈴木 風雅 弐段 ・・・ 型競技 高校生男子の部 決勝進出 第5位

     鈴木 魁桜  1級 ・・・ 型競技 中学生男子の部 決勝進出ならず

                                            組手競技 中学1年男子重量級 2回戦で惜敗

           吉田 咲嬉  1級 ・・・ 型競技 中学生女子の部 準優勝

     吉田 怜央  2級 ・・・ 型競技 中学生男子の部 決勝進出ならず

     増子 陽斗  3級 ・・・ 型競技 小学6年男子の部 決勝進出ならず

           木下内 響  5級 ・・・ 組手競技 小学4年男子軽量級 第3位入賞

                  型競技 小学4年男子の部 第3位入賞

     橘   悠氣 5級 ・・・ 組手競技 小学4年男子軽量級 2回戦で惜敗

                  型競技 小学4年男子の部 決勝進出ならず

     羽田 偉実理  8級 ・・・ 型競技 小学3年女子の部 決勝進出ならず

     ◯ 2018 全日本空手道型競技選手権大会

           米山 真聖 弐段 ・・・ 型競技 一般男子の部 第3位入賞 

     五十嵐 奈津美 初段 ・・・ 壮年女子の部 決勝進出 第5位

大会初日を終えて

大会二日目を終えて。皆、お疲れさまでした。

 

◎ 第14回空手道合同錬成大会を開催

   3月25日(日)、長岡市民体育館におきまして、「上地流空手道協会 新潟県支部」「極真空手道連盟 極真館 新潟県支部」との共催によります、「第14回空手  

  道合同錬成大会」を開催いたしました。 

   大会には、58名の選手が参加し、日頃の修練の成果を競い合いました。結果は次のとおりです。

    ◯ 第14回空手道合同錬成大会 結果

      ・ 幼児の部 

        最優秀賞 木下内 奏太(新武会新潟本部)/優秀賞 斉藤 成那(上地流春日山)

        敢闘賞 上村 優晴(上地流春日山)・橘 豊氣(新武会新潟本部)・柳澤 拓歩(新武会新潟本部) 

      ・ ジュニア男子軽量級 第1組 

        最優秀賞 池澤 雄星(新武会長岡)/優秀賞 大島 唯斗(新武会新潟本部)/敢闘賞 小川 瑛士(新武会長岡)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    木下内 奏太 選手(左)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               池澤 雄星 選手(左)

      ・ ジュニア男子軽量級 第2組 

        最優秀賞 横田 怜恩(新武会長岡)/優秀賞 斉藤 涼太(上地流春日山) /敢闘賞 青木 夢飛(新武会長岡)・寺崎 伊槻(上地流春日山)

      ・ ジュニア男子中量級 第1組

        最優秀賞 木下内 響(新武会新潟本部)/優秀賞 橘 悠氣(新武会新潟本部)/敢闘賞 矢川 嵩健(新武会新潟本部)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      横田 怜恩 選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 木下内 響 選手

      ・ ジュニア男子中量級 第2組 

        最優秀賞 小林 維力(新武会新潟本部)/優秀賞 大野 周(上地流春日山) 

      ・ ジュニア男子重量級 第1組

        最優秀賞 増子 陽斗(新武会新潟本部)/優秀賞 西條 智貴(上地流春日山)/敢闘賞 武田 啓冴(新武会新潟本部) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     小林 維力 選手(右)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                増子 陽斗 選手(右)

      ・ ジュニア男子重量級 第2組 

        最優秀賞 鈴木 魁桜(新武会新潟本部)/優秀賞 畠中 瑛人(新武会新潟鳥屋野)

      ・ ジュニア女子 第1組 

        最優秀賞 細川 ももか(新武会新潟本部) /優秀賞 山崎 遥香(上地流春日山)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     鈴木 魁桜 選手(右)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               細川 ももか 選手(右)

      ・ ジュニア女子 第2組 

        最優秀賞 内山 和奏(新武会長岡)/優秀賞 阿部 姫和(上地流春日山)

      ・ 中・高生男子 第1組

        最優秀賞 大野 零史(上地流春日山) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    内山 和奏 選手(左)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               大野 零史 選手(右)

      ・ 中・高生男子 第2組

        最優秀賞 荒井 泰斗(極真館柏崎)/優秀賞 五十嵐 巧(新武会長岡)

      ・ 中学生女子

        最優秀賞 吉田 咲嬉(新武会新潟荻川)

      ・ 一般男子

        最優秀賞 坂井 俊介(新武会長岡)・優秀賞 木嶋 晃(上地流春日山)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    荒井 泰斗 選手(右)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                吉田 咲嬉 選手(左)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    坂井 俊介 選手(右)

大会を終えて

皆さん、ありがとうございました。

上地流の皆さん

ありがとうございました。

極真館 新潟県支部の皆さん

ありがとうございました。

新武会の仲間たち

皆、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

 

◎ 新潟道場・新潟ジュニア教室 平成30年 春期昇段・昇級審査会を実施 

    3月10日(土)、11日(日)の二日間、新潟本部道場におきまして、新潟道場・新潟ジュニア教室の春期昇段・昇級審査会を実施いたしました。

    今審査会は、45名の道場生を2班に分けて実施し、11日の審査では、坂井 博史 初段が昇段審査に挑み、基本稽古、移動稽古、型審査の後、5人組手を

  完遂して、見事弐段昇段を成し遂げました。

初日の審査を終えて

二日目の審査を終えて

見事昇段! 坂井博史弐段

 

◎ 平成30年 稽古始めを実施  

   1月6日(土)午後、新潟市北地区コミュニティセンターにおきまして、「新潟道場・新潟ジュニア教室 平成30年 稽古始め」を実施いたしました。

   稽古始めには、42名の道場生が参加し、基本稽古、ミット稽古、組手稽古で気持ちの良い汗を流し、新たなる年の精進を誓い合いました。

 

 

 新潟道場の稽古始めを終えて。皆、今年もがんばろう!!

 

   同じく、1月6日(土)夜、長岡市民体育館におきまして、「長岡道場・長岡ジュニア教室 平成30年 稽古始め」を実施いたしました。

   稽古始めには、23名の道場生が参加し、基本稽古、ミット稽古、組手稽古で気持ちの良い汗を流し、新たなる年の精進を誓い合いました。

 長岡道場の稽古始めを終えて。皆、今年もがんばろう!!